トップページ > bing ウェブマスター覚え書き
カテゴリーへの新規登録
SEO対策を極めるための、bingウェブマスター覚え書き
チェック方法と対策:bing Communityより

MSNBotがクローリングしない、あるいは部分的にしかクローリングしない!
・Robots.txtでMSNBotをブロックしていないか
・Robots.txtでMSNBotのIP範囲をブロックしていないか
・次に挙げることが原因でクローリングを妨げるサイト構造になっていないか
・バリデートしていない不適切なコーディングになっていないか
・ナビゲーション・リンクがJavascriptだけで生成されていないか
・パスワードで保護されていないか
・Webmaster Centerでサイトマップを登録しているか

MSNBotによってクロールされているがインデックスされない!
・サイトの内容はクローラーに見えるかたちになっているか
・画像ベースのナビゲーションになっていないか
・テキストリンクを設置しているか
・<script> ・ページ毎にユニークな<title>と ・フレーム構造や<meta>refreshを使用していないか
・URLが静的になっているか(セッションIDやクッキーを利用していないか)

クロール頻度を増やしたい!
・サイトマップを更新して再登録する
・サイトマップの<changefreq>の値を「daily」にセットする

クロール頻度を下げたい!
・「Crawl-Delay: X」を利用する
・「HTTP圧縮」や「条件付きGET」を実行する

インデックスページが減少した!
・それぞれのページにユニークなコンテンツを用意する
・サイトマップのの値を「daily」にセットする
・ページをクロール可能な状態にする

複数のサイトマップを登録したい!
・bingは最後に登録されたひとつのサイトマップしか見ない
・複数登録したい場合はsitemap index fileを利用する

上位に表示されない!
・ページに含まれるキーワードとユーザーの検索ワードを一致させる
・<mata>キーワードには頼らない
・1ページにつき2つ以上のキーワードをターゲットにしない
・ページ毎にユニークな<title>を用いる
・ページ毎にユニークな<meta>descriptionを用いる
・<h1>を用いる
・テキストリンクを用いる
・クローラー向けではなくユーザー向けのコンテンツを作成する
・URLの文字列にキーワードを含める

バックリンクの重要性とそれが作用する程度を知りたい!
・バックリンクは決定的な要素
・bingは量より質を好む
・バックリンクとリンクされているページの関連性が重要
・トップページへのリンクがある場合はドメインとの関連性も重要

品質の低いサイトからのバックリンクにいて知りたい!
・不利にも有利にも働かない

bingで順位が下がった!
・bingのランキングは完全に自動化されている
・アルゴリズムによって変動する
・bingのアルゴリズムはウェブページの内容、バックリンクの数と質、キーワードとサイトとの関連性で決定される
・ウェブページの内容、バックリンクの数と質、キーワードとサイトとの関連性を最適化する
・マルウェア等の問題でペナルティを受けていないか確認する

出典:bing Community
SEO速報
Last Update: 2018/10/04